2010年03月18日

成績入力メモリー、児童が歩数計と思い持ち帰り(読売新聞)

 高松市教委は17日、同市内の小学校で、5年生1学級のテストの点数などが入力されたUSBメモリーが一時、紛失したと発表した。

 児童が誤って自宅に持ち帰ったためで、2日後に返却されたが、女性講師のずさんな管理が判明し、市教委は近く市立幼稚園・小中学で、保管状況や個人情報の入力状況などを確認する実態調査を行う。

 発表によると、女性講師は15日、USBメモリーを筆箱に入れて教室の机の上に置いていたが、無くなっているのに気づいた。2日後、児童が歩数計と間違えて自宅に持ち帰っていたことがわかった。

 この講師は、日常的にUSBメモリーを校外に持ち出したり、教室の机の上に置いたりしていたという。

 同市内では2月にも市立中学校で、公立高校の一般入試に使う調査書が入ったUSBメモリーが紛失。市教委は校長・園長の許可を得ずに校外に持ち帰ることを禁止し、鍵がある金庫などで厳重に保管するよう求めていた。

主任弁護人が遅刻 「すいません」と慌てて入廷 秋葉原殺傷第6回公判(産経新聞)
子ども手当法案可決へ=公明の修正受け入れ−高校無償化も・衆院委(時事通信)
決算と政投銀融資検証=民主PT、日航問題で初会合(時事通信)
スカイマーク機、指示高度守らず 入力を忘れる(産経新聞)
医師会共同利用施設は無くてはならない存在―日医委員会(医療介護CBニュース)
posted by フルキ ヒサノリ at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。